• ホーム
  • 日本最古の信金から日本一新しい取組みを発信します

日本最古の信金から
日本一新しい取組みを
発信します

2019年6月24日「地方創生室」を新設致しました。

行政や商工会議所・商工会など関係機関と連携し、地域活性化への取り組みを強化していきます。

令和4年3月14日、内閣府「第1回地方創生SDGs金融表彰」を受賞しました。

御前崎市と「御前崎市リターン就職応援プロジェクト」を立ち上げました!

氷見伏木信用金庫と「地方創生における包括連携協力に関する協定書」を締結しました!

静岡県行政書士会と「地方創生における包括連携協力に関する協定書」を締結しました!

「地方創生における包括連携協力に関する協定書」を締結しました!

島田掛川信用金庫は第一勧業信用組合と地方創生を応援します

ハローワークと連携した人材確保を支援します

島田掛川信用金庫は高校生を応援します

令和4年3月14日、内閣府「第1回地方創生SDGs金融表彰」を受賞しました。

  • 内閣府「第1回地方創生SDGs金融表彰」

  • 内閣府「第1回地方創生SDGs金融表彰」

令和4年3月14日、内閣府「第1回地方創生SDGs金融表彰」を受賞しました。
地域経済の存続に関わる人口減少、産業の衰退などの課題に対して行政と連携し、学生の地元就職を促す「Uターン地元就職応援プロジェクト」の活動が地方創生の先導的な取組みとして評価されました。

御前崎市と「御前崎市リターン就職応援プロジェクト」を立ち上げました!

  • 御前崎市リターン就職応援プロジェクト

令和2年10月20日(火)に当金庫と御前崎市は、「御前崎市リターン就職応援プロジェクト」を立ち上げました!
本プロジェクトは、都市部への流出が目立つ若者世代を故郷に呼び戻し若者の働く場と企業の安定的な雇用支援を行うことを目的としています。

プロジェクトにおける助成金制度の概要

高校卒業後、県内外の大学や短期大学及び専門学校への進学・在学時に必要となる教育資金を、市内に支店を置く金融機関から借り入れ、卒業後に市内に在住し、市内及び近隣市の企業に就職した人に対し、借り入れの利子相当額等を助成金として給付する。
また、市内企業へ就職した場合は、元利金返済完了後、元金の20%を助成金として給付する。

氷見伏木信用金庫と「地方創生における包括連携協力に関する協定書」を締結しました!

  • 氷見信用金庫と「包括協定」

令和2年8月25日(火)に当金庫と氷見伏木信用金庫は、「地方創生における包括連携協力に関する協定書」を締結しました!
本協定は、相互に連携・協力し人口減少と少子高齢化の課題解決に向けて、定住人口の増加を図るとともに、地域経済の活性化による地域社会の発展やお客様の幸福に貢献することを目的としています。

連携協力の内容

  1. 人口減少対策・地域貢献・地域経済の活性化に関すること
  2. 地域産品の販路拡大及び観光の振興に関すること
  3. 地域及び暮らしの安全・安心に関する事項
  4. 商品開発・ビジネスマッチングに関すること
  5. その他目的を達成する為に必要な事項に関すること

静岡県行政書士会と「地方創生における包括連携協力に関する協定書」を締結しました!

  • 「地方創生における包括連携協力に関する協定書」

令和2年3月30日(月)に当金庫と静岡県行政書士会は、「地方創生における包括連携協力に関する協定書」を締結しました!
本協定の目的は、静岡県行政書士会と島田掛川信用金庫が、相互に連携・協力し人口減少と少子高齢化の課題解決に向けて、定住人口の増加を図るとともに、産業の創出や企業の振興により国民生活の安定に寄与し、地域経済の活性化による地域社会の発展やお客様の幸福に貢献することを目的としています。

「地方創生における包括連携協力に関する協定書」を締結しました!

  • 「地方創生における包括連携協力に関する協定書」の図

令和元年8月5日(月)に当金庫と公益財団法人産業雇用安定センターは、「地方創生における包括連携協力に関する協定書」を締結しました!
本連携を通して、地域の中小企業の人材に関するニーズに対応した人的サービスを無料で提供します。今後も当金庫取引先等への人材確保支援の強化を図り、地方創生の発展に向け地域活性化に邁進します。

第一勧業信用組合との地方創生における包括連携協力に関する協定を締結しました

  • 「第一勧業信用組合との地方創生における包括連携協力に関する協定を締結しました」の図

島田掛川信用金庫と第一勧業信用組合は、両者が持つノウハウやネットワークを活かした連携協力を行うことで、地域経済の活性化による地域社会の発展やお客さまの幸福に貢献することを目的に地方創生における包括連携協力に関する協定を締結しました。
調印式後、第一勧業信用組合の新田理事長による「令和の地域金融 私たちは持続可能か」と題して講演が行われ参加した約100名の行政、商工会議所、商工会、金庫職員は、熱心に耳を傾けていました。

連携協力の内容

  1. 人口減少対策・地域貢献・地域経済の活性化に関すること
  2. 事業の利用促進・地域産品の販路拡大及び観光の振興に関すること
  3. 安定した雇用を創出し維持することを支援協力していくこと
  4. 地域及び暮らしの安全・安心に関する事項
  5. 商品開発に関すること
  6. 職員の教育・訓練・研修に関すること

ハローワークと連携した人材確保を支援します

平成30年度の地方創生に資する金融機関等の「特徴的な取組事例」

当金庫は、「地方創生カレッジ事業」の一環として、番組コンテンツ制作に顕著な取組みをされている静岡県立島田工業高等学校の生徒と連携して動画の制作を行いました。このような金融機関と地元高校生との動画制作は”全国初”の取組みとなります。当金庫の様々な地方創生の取組みから実現したものであり、今後も地方創生の深化に向けて取組んでいきます。

  • 「ハローワークと連携した人材確保を支援します」の図

高校生による地方創生研究発表会

  • 「高校生による地方創生研究発表会」の図